屋根材
トップ << 屋根材 << Hルーフ600

特徴

強靭性:HARD

従来の鋼製屋根はタイトフレーム山あたり屋根面を1ヶ所で固定しています。 これに比べてHルーフの嵌合システムはタイトフレーム山の左右2ヶ所で嵌合固定しますので、 屋根面全体の動きも完全におさえます。また、独自開発のルーフバンドは嵌合部の 強度を半永久的に安定化します。

迅速施工:HIGH-SPEED

嵌合固定のプッシュ・ロック作業は簡単かつ確実に作業を進めることができます。 しかも、作業条件の厳しい屋根屋上での複雑な工程が不要ですので、 従来に比べてより広い面積でも迅速に施工を完了することができます。

景観調和:HARMONY

屋根形状は和風にも洋風にも調和し、また自在な曲げ加工によりボールト屋根等の 多彩なデザインに対応できます。Hルーフは美しい建築景観を醸し出しています。

断熱性:HEAT INSULATION

Hルーフは裏貼(ペフ)が標準装備、従来の鋼製屋根に比べ断熱性が飛躍的に アップしました。また、新開発のWパックはHルーフの2段重ねの間にグラスウールを 充填し、優れた断熱性能を確保します。

耐水性:HYDRO-PROOF

プッシュ・ロックシステムのHルーフには、雨漏れや鋼板のサビを誘発する ボルト穴や馳締めがありません。しかもロック部分の馳形状は、 毛細管現象による雨水の侵入をシャットアウトします。

断面形状

屋根材
  • 働き巾が広く最も経済的なタイプ
  • 小規模〜中規模建造物
    (住宅・駐車場・農作業小屋・倉庫等)
  • 施工可能勾配3/100以上
  • R加工半径最小15m
  • 屋根30分耐火構造指定番号
  • FP030RF-0453 梁間2500mm以下、板厚0.6以上、
    裏貼:ガラス繊維シート5〜10mm、ロックウールフェルト5〜10mm

断面形状(Wパック工法)

屋根材
  • 許容梁間は上葺折板によって決まります。
  • 屋根30分耐火構造指定番号
  • FR030RF-0366 梁間3300mm以下、グラスウール厚100・10kg/m2
    上葺材厚0.6以上、下葺材厚0.6以上

断面性能

板厚mm 単位重量 正圧 負圧
kg/m kg/m2 Ix cm/m4 Zx cm/m3 Ix cm/m4 Zx cm/m3
0.6 4.49 7.48 84.0 15.6 76.0 16.8
0.8 5.92 9.87 112.0 20.8 101.3 22.4
1.0 7.36 12.27 140.0 26.0 126.6 28.0

許容梁間

屋根材

お問合せ

お名前

E-mailアドレス

電話番号

お問合せ項目

お問合せ・ご相談内容


お電話/FAX お問合せ

お電話によるお問合せ

(088)-846-1000 ※お問合せ時間 AM 8:00〜PM 5:00

FAXによるお問合せ

※用紙ダウンロードしてご利用ください。

⇒ ファックス用紙ダウンロード(PDFファイル)

⇒ ファックス用紙ダウンロード(GIFファイル)