外装材・下地材
  • 〒781-5101
  • 高知県高知市布師田3962
  • TEL.088-846-1000
  • FAX.088-846-1002
  • メール メール
ジャストフロアー
トップ << 外装材・下地材 << ジャストフロアー

より良い床作りを追及する、ジャストフロアー(乾式遮音二重床)

ジャストフロアー ジャストフロアー

従来の試験規格

  • 試験室は、「残響室」、「箱形実験室」、「実大実験室」で、
    150mmと200mm厚のスラブを任意に選択していた。
  • 試験体は、仕様が統一されておらず、 室中央部の一般断面性能のみ。
  • 遮音試験と荷重試験が別の 試験体で実施されていた。

それぞれ有利な試験体、試験方法での数値をカタログに表示

新しい試験企画

  • 試験質は、スラブ面積20u、試験床面積10u、
    スラブ厚200mmの壁式構造実大実験室に統一。
  • 試験体は、実現場での施工方法・仕様(際根太有無、幅木の使用等)
    を再現し、高さ隙間等を統一。
  • 遮音試験と荷重試験を同じ試験体で同時に実施。

測定条件を統一することで、性能の比較が容易にできる。


軽量床衝撃音低減性能の等級(儉L等級)

表記する等級 軽量床衝撃音レベル低減量の下限値
125Hz帯域 250Hz帯域 500Hz帯域 1kHz帯域 2kHz帯域
儉L-5 15dB 24dB 30dB 34dB 36dB
儉L-4 10dB 19dB 25dB 29dB 31dB
儉L-3 5dB 14dB 20dB 24dB 26dB
儉L-2 0dB 9dB 15dB 19dB 21dB
儉L-1 -5dB 4dB 10dB 14dB 16dB

※儉L等級は、JIS A 1440-1に基づき標準軽量衝撃源 (タッピングマシン)を用いて測定された床材の軽量床衝撃音低減性能の等級表記。

重量床衝撃音低減性能の等級(儉H等級)

表記する等級 重量床衝撃音レベル低減量の下限値
63Hz帯域 125Hz帯域 250Hz帯域 500Hz帯域
儉L-4 5dB -5dB -8dB -8dB
儉L-3 0dB -5dB -8dB -8dB
儉L-2 -5dB -10dB -10dB -10dB
儉L-1 -10dB -10dB -10dB -10dB

儉H等級は、JIS A 1440-2に基づき衝撃力特性(1)の 標準重量衝撃源(タイヤ衝撃源)を用いて測定された 床材の重量床衝撃音低減性能の等級表記。

>>タケムラPDFファイルタケムラ

お問合せ

お名前

E-mailアドレス

電話番号

お問合せ項目

お問合せ・ご相談内容


お電話/FAX お問合せ

お電話によるお問合せ

(088)-846-1000 ※お問合せ時間 AM 8:00〜PM 5:00

FAXによるお問合せ

※用紙ダウンロードしてご利用ください。

⇒ ファックス用紙ダウンロード(PDFファイル)

⇒ ファックス用紙ダウンロード(GIFファイル)